仲介で注意すること

仲介で注意すること

仲介という方法を選ぶ際に注意しておきたいことがいくつかあります。

 

●「複数の不動産会社から選ぶ」
仲介の場合は、売る家に査定金額が付きます。査定金額は不動産会社の自由意思によって決ります。言うなれば不動産屋さん次第で金額は変わるということです。一社だけに価格の査定を依頼しては、その金額が本当に適正価格なのかが分かりません。思いっきり低い金額を付けられているかもしれません。適正価格を知るためにも複数の不動産会社に査定を依頼しましょう。

 

●「いろいろな不動産会社に依頼」
不動産会社といっても全国規模で展開している大手の会社もあれば、地域に密着した中堅の会社もあります。査定を依頼する際には、大手のみや中堅のみといった風に偏らずに、大手と中堅、両方に依頼しましょう。大手の不動産会社の方が安心な感じはしますが、地域密着型の不動産会社は、その地域特有の情報を持っている場合があります。将来的に価値が上がりそうな物件ならば、大手の不動産会社よりも高値の査定を付けてくれることもあります。いろいろな不動産会社に依頼してみて下さい。

 

●「高すぎる査定金額は要注意」
高く査定金額を提示してくれる不動産会社はとても魅力的ですが、すぐに飛びついて契約してはダメです。専任売買契約や専属売買契約となれば、もう他の不動産会社に依頼することは出来なくなります。市場価格とかけ離れている査定金額は、買い手が付かずどんどん売却金額も下がっていくことが必至です。大金に目がくらまないようにしましょうね。