仲介でのポイントは「契約方法」

仲介でのポイントは「契約方法」

仲介と買取との大まかな違いは理解いただけたかと思います。それぞれをもう少し詳しく説明していきましょう。まずは仲介です。仲介という売却方法を選ぶうえで最も大切なのが「契約方法」です。仲介では3つの契約方法があり、売主自身がどの契約方法にするか選ぶことが出来ます。これを知っておかないと、不動産会社の思いのままになってしまい、後からトラブルになることもあり得るので必ず覚えておきましょう。

 

@「一般売買契約」
複数の不動産会社と契約できる方法です。不動産会社に買い主を探してもらうだけでなく、自分自身でも買い主を見つけてもOKです。

 

A「専任売買契約」
一つの不動産会社しか契約できない方法です。ただし、自分で買い主を見つけることはOKです。

 

B「専属専任売買契約」
一社の不動産会社のみと契約出来ないほか、自分で買い主を見つけることもNGとなる契約です。

 

買主を見つけるための窓口を広くしたいのであれば、一般売買契約が適していますが、不動産会社のやる気が上がるのは自分の会社のみに依頼される専任売買契約や専属専任売買契約となります。ただし一社だけとなると、その不動産会社のみに任せなければならないので、最初の見極めが重要となります。