家を売る2つの方法

家を売る2つの方法

不動産会社に依頼をして家を売るとなると、2つの方法がありどちらかを選択しなければなりません。不動産会社を利用して家を売る2つの方法とは「仲介」と「買取」です。
それぞれの特徴を見てみましょう。

 

●「仲介」
家を売る方法の一つが仲介です。仲介とは、家を売る側と、家を購入する側の間に不動産会社が位置しています。お互いを引き合わせて家の売買をさせるという方法です。この場合、不動産会社には報酬金として「仲介手数料」が入ります。家が売れるタイミングは様々で、購入者がすぐに見つかれば短期間で売れますし、購入希望者が見つからなければ、いつまでたっても売れません。不動産会社の宣伝や広告媒体によって差は生まれます。

 

●「買取」
もう一つの方法である買取とは、不動産会社が直接物件を買い取るという方法です。直接買い取るため、仲介手数料は発生しません。また購入者が現れるのを待つ必要もないので、数日で家を売ることが出来ます。

 

買取のほうが仲介手数料を払う必要もなく、スピーディに家を売ることが出来ますが、良いことづくしという訳ではありません。直接買い取るため、買取価格は仲介の場合よりも低い場合があります。高く売りたいのであれば、買取よりも仲介を選んだ方が良いかもしれませんね。